スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従軍慰安婦について

歴史検証は当時の価値観で考えなければ意味がありません。
慰安婦に関しては、非常に誤解されがちなことがある。
それは慰安婦のいない軍など世界中どこにも無かったということと、
日本における慰安婦とは軍と契約した慰安所のプロの売春婦であることである。


当時は公娼制度があり、法律で認められた管理売春が合法的に存在した。

【ドイツ軍】
売春宿を軍が管理したが、売春宿のない占領地では、軍直営の慰安所を設け、慰安婦は現地の
女性を強制徴用した。強制収容所の囚人用の慰安所まであった。女性達への補償は全くされていない。

【アメリカ軍】
占領軍は日本政府に命じ、売春施設を設置させた。

【旧ソ連軍】
ユダヤ人女性やポーランド人女性を拉致し、強制的に慰安婦にして無給で
働かせていた。女性達への補償は全くされていない。

【中国軍】
大陸にいた日本女性の中には、敗戦に伴う引き揚げ時の混乱の際、
国民党軍や中共軍に拉致され、慰安婦にされるものが続出した。女性達への補償は全くされていない。

【韓国軍】
朝鮮戦争でも従軍慰安婦を設け
(この事実は、韓国人慰安婦を支援する高木健一弁護士も承知している)、
ベトナム戦争に参加した際には、現地に大量の混血児を残した。

【日本軍】
慰安婦の構成は『日本人5・中国人2・朝鮮人2・その他1』で、
現地の女衒(娼婦の管理者)と契約したため強制連行など必要なかった。
経営は地元業者、監督を軍が担当し、高い給料(陸軍大将の月給が110円の時代に慰安婦の
月収は150円~1350円)を支払い、兵士と慰安婦の性病予防のため健康管理を軍医が担当。
破格の賠償も完全に済んでいる。


ご覧のように同じ「慰安婦」と翻訳される職業でも、
中身は別物なのである。

韓国などは女性に対する無制限の強姦が基本ですので
慰安所はあまり設置しません。
韓国は数年のベトナム戦争で、強姦により3万人の混血児を
残している。
ライダイハン : ウィキペディアで検索

日本軍は支那事変、太平洋戦争でも1人の混血児も報告されていない。

韓国やマスコミ等は、よく「慰安婦は女性の人権問題」などと
言っているが、
「ベトナムでのレイプ」やそれによて生まれた「混血児」に関して韓国はベトナムに謝罪も賠償もしていない。



※短く簡潔にまとまっていたので引用させて頂きました。


李栄薫ソウル大教授:「従軍慰安婦は売春業」
勇気ある告発で殴る・蹴るの暴行受ける!


記者会見中にボコボコにされ、従軍慰安婦を自称する元売春婦の前で「土下座謝罪」させられた!

■李栄薫ソウル大教授
「従軍慰安婦というのは自発的で商業的な売春婦」
「強制動員という神話を作り上げ、検証もなしに国定教科書に載せるのは反知性的」
「我々は国定教科書を作り上げることで仮想の歴史を作り上げてきた」
「大衆の感情による盲目的な反日主義は政治的に利用されている」
「植民地時代に日本が土地や米を略奪したというのは誤りで、被害者意識が作り出した妄想」


慰安婦問題を否定し、元慰安婦の前で土下座を強いられた
ソウル大学の李栄薫教授は、著書『大韓民国の物語』でこう本音を漏らしている。


「慰安婦研究と市民運動は、『朝鮮の純潔なる乙女の性を日本がほしいままに蹂躙した』という類の大衆的な認識をバックにしており、
いまや一個人としてこれに逆らう勇気を出すのが難しい」


李栄薫教授が教科書フォーラムで殴られる
http://www.youtube.com/watch?v=dmMh5jq5iko

韓国・安秉直ソウル大教授が神発言 「慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実」
http://www.youtube.com/watch?v=OYtvpspoevc

【親日韓国人】崔基鎬教授「私は88歳です。もう真実を話したいと思います。」日韓併合나는 88세입니다 이제 사실을 말하고 싶습니다 최기호 가야대학 객원교수
http://www.youtube.com/watch?v=rgj49vPdUAs

【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレの巻!
http://www.youtube.com/watch?v=uUJ5_hqel8w

韓国人教授が出版「慰安婦は強制連行ではなかった」~韓国社会の反応
https://www.youtube.com/watch?v=1YVEP3UwciU

李栄薫さん、安秉直さん、崔基鎬さんも、まともな人だったので
人として学者として心苦しくて、どうしても黙っていられなかったのしょう。
韓国内で真実を語れば、命の危険するあるのに、
彼らの勇気ある行動には最大の賛辞を送りたいと思います。



みんなホントは知っているのにどうして声をあげないのかな。。。
もう、ハッキリ言ってやりましょう!






関連記事
スポンサーサイト
検索
カテゴリー
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
RSSフィード
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。