スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮人よ、これが朝鮮人だ!

【韓国】1950年、朝鮮戦争で韓国軍はソウル市民を見捨て、
橋を爆破して逃げた!



6月28日は、朝鮮戦争初期、韓国軍が首都ソウルの漢江(ハンガン)に架かる橋を爆破し、
多数の犠牲者が出た日だ。
大勢の避難民が橋の上にいるにもかかわらず爆破作戦が実行され、500人とも1500人とも言われる人々が死亡した。

1950年6月25日、北朝鮮軍が北緯38度線を突破し、朝鮮戦争が始まった。
北朝鮮軍の奇襲に韓国軍は劣勢だった。
6月27日午前1時、韓国政府は非常閣僚会議で、ソウルを捨てて南にある水原への遷都を決め、
李承晩大統領(当時)はさらに南の大田に逃れた。

ラジオは「国連軍が助けてくれるから安心しろ」と大統領の肉声を放送し続け、
新聞は事実と異なる韓国軍の反攻を伝えていた。

大統領が逃げ、国民を欺き続ける中で、北朝鮮の南進を少しでも遅らせるため、
韓国軍はソウルを東西に流れる漢江の人道橋(人間、車用)を爆破した。

韓国の聖公会大学教授、韓洪九氏は以下のように当時の状況を説明している。

※6月28日午前2時30分頃、総参謀長チェ・ビョンドク一行が漢江歩道橋を通過した直後、
陸軍工兵監大佐チェ・チャンシクは漢江橋の爆破を命令した。

市民に安心して生業に従事しろと言っておきながら、
自分たちだけが抜け出た後に橋を落としてしまったことも真に問題だが、
本当に許されないことは、爆破当時に漢江橋には避難民が多数いたという点だ。
阿鼻叫喚、橋の上に何人いたかは分からず、死体を収容したわけでもないので、
いったい何人が無念の死に至ったのかは分からないが、
関係者たちは少なくて500人、多くて1500人が命を失ったと推定している。


(ハンギョレ「[歴史と責任①] セウォル号の悪魔、大韓民国の悪魔…」より )
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/17463.html



多数の民間人を犠牲にした作戦だったが、離れた場所に架かっている鉄道用の鉄橋は爆破に失敗し、北朝鮮軍の南進を防ぐ効果はなかった。

9月15日、国連軍が仁川上陸作戦を成功させ、韓国軍と国連軍の反攻が始まった。
橋を爆破した現場責任者の工兵は、失敗した作戦の責任を取らされて処刑された。

※李承晩政権は犠牲の羊を探した。
橋爆破の現場責任者であった29才の若き大佐チェ・チャンシクだった。
仁川上陸作戦が敢行されたまさにその日、臨時首都であった釜山(プサン)で開かれた
戒厳高等軍法会議は、
チェ・チャンシクに国防警備法27条の”敵前非行罪”を適用し死刑を宣告した。
チェ・チャンシクは、自身は命令に従っただけだと抗弁したが効果がなかった。

当時判決文は、チェ・チャンシクの漢江橋爆破で莫大な車両と軍人が墜落し、
無事な車両装備および軍需物資が敵に捕獲され、
数万の兵力が渡江できない混乱が発生したとし、
すべての責任をチェ・チャンシクに押しつけた。
9月21日チェ・チャンシクは釜山郊外で処刑された。


これが、韓国の政府!

これが、韓国の軍!

これでも、まだ政府や軍を信じるのか!韓国人!

どこまで、真実を見ようとしないんだ!韓国人!

早く、真実に気づけ!韓国人!


関連記事
スポンサーサイト
検索
カテゴリー
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
RSSフィード
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。