スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばい韓国系企業

5月下旬、官邸内に衝撃が広がった。
韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。
韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた。
システムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピング(傍受)するから、「通信の秘密」を守る法律がない韓国側は悪びれない。だが、LINEの登録ユーザー4億人余のうち日本人は5千万人。
その通話データなどが韓国にすべて送られ、丸裸にされているのだ。
「指名手配」隣国ハッカーの脅威
そればかりか、LINEの日本人データが、SNS(交流アプリ)などを提供する中国のインターネットの「巨人」テンセント(騰訊)に漏れた疑いがあるのだ。
LINEは韓国最大の検索サイト、ネイバーの100%子会社であり、 ………



公明党を除く9党が無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」のアカウントを閉鎖した。
ネット選挙が7月の参院選で解禁され、無料だったことから10党が情報発信のためアカウントを開設したが、15日から高額の登録料が発生したため。万単位の「ファン」を失った政党側からは「『政治割引』はできないのか」との声も漏れる。
ラインは、互いに携帯電話番号などを知っている仲間うちの情報伝達手段として普及。
不特定多数の利用者が情報を発信するツイッターやフェイスブックよりも誹謗(ひぼう)中傷を避けられる利点がある。
10党から情報を受ける登録者「友だち」は延べ50万人に上った。
ライン社が有料にしたのは、法に触れる恐れがあったため。同社は韓国資本で、広報担当者は「モニター調査の名目で無料提供したが、今後も続ければ政治資金規正法が禁止する外国企業の寄付行為に当たる恐れがある」と説明する。



韓国LINE、NAVERの個人情報169万人分を不正アクセスで漏洩!
なぜか流出したのは日本人ユーザーのみ!



韓国政府、ついにLINEの通信内容をハッキングしていた事を認める!
さらに、その全データが中国にも漏れた可能性も!
韓国に個人情報を垂れ流すゴミアプリを未だに使う人間は頭がおかしい!



ライブドアブログは【 韓国政府 】が所有していた!



LINE、NAVER、NHN PlayArt、ハンゲーム、livedoor
には、ほんともうウンザリだ!

もう少し危機感持てよ、平和ボケゆとりマヌケ日本!

こんなもん使ってるやつは、何もしらないことを知らない頭のかわいそうな奴だ!

まさか、役人や議員でまだ使ってる奴いないだろうな!

おっと、公明党はまだ使ってるんだっけ!




ロッテ ・・・

戦前の新大久保は木賃宿が並ぶ街道沿いの安宿と裏町の住宅地帯。
百人町は新宿近くの高級住宅街。
戦後焼け野原となり所有者不明となったその一帯の空き地や中央線ガード下などに、日韓併合以前から紡績工場の出稼ぎ等で日本へ住みついていた朝鮮人がバラックを建てて不法占拠生活をはじめる。
真似して口コミで朝鮮人が新大久保周辺に集まりだす。



ロッテが新大久保にあった海城学園の空き地などを広域不法取得不法占拠してロッテ工場を建て1950年に操業開始。
(なおロッテ社長一族は日本で韓国籍を取得しているものの本来は現在の北朝鮮出身)



1950年代の済州島四・三事件や朝鮮戦争によって騒乱状態になった朝鮮半島から逃れてきた南北朝鮮人が、この時期に大量密航流入してくる。
その数は、20万人とも40万人とも言われる。
戸籍も身分証明もないこれらの朝鮮人をロッテが南北問わず雇用するため、わらわらと新大久保周辺へ住みつき本格的に朝鮮人街を形成。



戦後不法占拠班は、JRによる立ち退きや区画整備事業でちゃっかり立ち退き補償金をせしめて、その金でキムチ売ったりの店を開き商売を始めて同胞に買わせる。
新規密入国朝鮮人も特別在留許可を貰って朝鮮騒乱終結後も帰らず、強制連行で連れて来られたなど嘘をこいては居住権を主張しはじめる。
日本と国交回復後は、安い賃金で働く労働者としてロッテ工場にさらに出稼ぎ韓国人が急増して、ロッテは大もうけ。
韓国へロッテワールドを建てたり。



1980年台、大バカなことに日本政府が韓国からの留学を自由化し、韓国もここぞと日本への渡航を自由化する。
親類縁者を頼ってステイ切れ不法滞在し、さらに新大久保住民が増える。
ステイ切れ不法滞在者も強制連行主張したり、デモったりで住みつき、現在に至る。

【1983年】 ロッテが韓国でグリコ「ポッキー」の丸パクリ商品「ペペロ」を発売する
【1984年】 グリコの社長が誘拐され、企業が脅迫される等の事件が起こる。毒入り菓子をバラ撒くと脅迫されたグリコ、森永の菓子は店頭から撤去される

その後、ロッテは菓子業界シェアトップになる

江崎グリコ、森永製菓のほか、丸大食品、ハウス食品工業、不二家、駿河屋(和歌山県の和菓子屋)への脅迫が確認されている。全て日本の企業が標的となった。
しかし、朝鮮系であるロッテへの脅迫は、ただの一度もなかった。


・会長の重光武雄は在日韓国人、本名は辛格浩(シン・キョクホ)
・在日韓国、朝鮮系企業では最大の企業
・ロッテ会長「日本で挙げた利益は日本に還元しない、全て韓国に還元する」と公言
・代表である「チョコパイ」や「ペペロ」「マイチュウ」は森永や明治のパクリ
・「ジャイアンツ」という球団を持っている
・中国語では「楽天」表記
・グリコ森永事件の犯人は、菓子メーカー大手三社のうちロッテだけ脅迫していない
・ロッテは韓国で「独島(竹島のこと)は韓国領」と書かれたTシャツ売ってた

金銭的目的というには、一連の事件の中で犯人が実際に金を受け取ったことは一度もない。
また人を殺すこともなかった。
金銭目的ではなく、ある会社に対し経済的な損害を与えることを目的?

かい人21面相(キツネ目の男)・・・ どこかの民族っぽいなー
どこかの国へにげちゃったのかなー


・・・在日・・・警察・・・報道規制・・・マスコミ
関連記事
スポンサーサイト
検索
カテゴリー
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
RSSフィード
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。